実は知らない人が多い!メンズ乾燥肌の正しい洗顔方法・メンズスキンケア

 

■メンズスキンケア・乾燥肌の正しい洗顔方法

乾燥肌になる原因は色々ありますが、なかでも男性に多いのが「間違ったスキンケア」「ひげ剃り」「お手入れ不足」によるものです。
出典:メンズスキンケア大学 http://mens-skincare-univ.com/article/002588/

乾燥肌への一番の対策は、ズバリ洗顔!
放っておいたらもちろんダメ、こすりすぎてもダメ…どうしたらいいの?
今回は、乾燥肌に最適な、正しい洗顔の方法をお伝えいたします。

毎日の正しいスキンケアで、イヤ~な乾燥肌を撃退してしまいましょう!

・実は知らない人が多い!洗顔に最適な温度

 サッパリ!を、求めるあまり起きぬけに冷たい水でバシャバシャ洗顔や出勤前に
 熱いシャワーで一緒に洗顔…というのはお肌に優しくありません。

 冷たい水は肌表面の皮脂を冷やして古い角質や汚れを落としにくくしてしまい
 肌の生まれ変わりの遅れを招きます。
 逆に、熱いお湯での洗顔は必要な分の皮脂まで溶かして流してしまい、バリア
 機能が低下してしまいます。

 乾燥肌の方へのお勧め洗顔温度は、30~34℃です。
 熱いシャワーを浴びつつ、洗顔の時だけちょっと温度を下げてみてください。
 乾燥肌の方は普通肌の方に比べて皮脂量が少なく潤いを逃しやすいため、低めの
 温度で皮脂を落としすぎないように洗顔するのがベストです。

・ゴシゴシ洗顔はNG!

 男性はサッパリした洗い上がりを求めてゴシゴシ洗顔しがちですが、これは
 お肌によくありません。
 指に力を入れてゴシゴシこすったり、洗顔後タオルで力任せにゴシゴシ
 拭き取ったりしますと、摩擦で角質層を痛めてしまいます。
 
 角質層とはお肌の保水力に関わる肌表面の大切な組織です。
 角質層を痛めてしまいますと、肌が水分を保持するのが難しくなり、乾燥肌への
 道を辿ります。

では、ゴシゴシ洗顔せずにサッパリするにはどうすればいいのかというと、
 洗顔料をなるべく泡立てて肌と指の間に泡を挟んで、じっくり時間をかけて洗うようにすると、泡がクッションとなって直接指が肌に当たらないので、ゴシゴシ洗いを防げます。

 
 冷たい水じゃないと洗った気がしないんです!というサッパリ派の方は、お勧め
 温度での洗顔を済ませた後に、冷たい水を数回かける程度なら問題ありません。
 優しく洗顔を…と言いつつ、サッパリすると気持ちがスッキリしますよね。

・お勧め洗顔料『どろあわわ』

 ゴシゴシこすらないで洗いたいとは思うけど、クセになっていてなかなか…
 そんな方にお勧めの洗顔料が『どろあわわ』
 
 少しの量でモコモコの泡が完成!弾力のある泡で指に力が入るのをストップ!
 こすりすぎを防いで、肌の角質層を守ってくれます。
 気になる洗い上がりは、こだわりの泥の力でサッパリ。
 優しいタッチとしっかりした洗い上がりを実現してくれる贅沢な洗顔料です。

■乾燥肌の正しい洗顔方法・まとめ

 

今回は乾燥肌の男性のための正しい洗顔の方法をご紹介しました。
男性の乾燥肌の原因のほとんどは、洗顔方法に問題がある!という専門家の方も
おられます。

言い換えれば正しい洗顔方法を知る事で、ほとんどの乾燥肌が解決?!と言っても
過言ではないかもしれませんね!
毎日の洗顔をちょっと気を付けて、健康なお肌をしっかりキープ!
身だしなみを整えてデキる男を目指しましょう。

こちらもよく読まれています★

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ