痛い!かかとのひび割れの応急処置方法!ワセリンの塗り方のコツ

かかとがひび割れを起こすと大変痛いですよね!歩くのも困難!!

かかとのひび割れは、歩行による体重移動で負担がかかって厚ぼったくなったかかとの角質層が、乾燥することにより起こります。
今回はかかとがひび割れてしまった時に効果的な痛みケアとひび割れを起こさないために普段からできるかかとケアのお話をしていきます。

 

痛くなる前の効果的なケア

 

ひび割れて痛くならないようにするためは、普段からかかとをケアすることが大切!

なるべくかかとをやわらかく保ちましょう。

かかとの角質層が乾燥するのが一番良くないのですが、かかとが厚ぼったいままですと保湿成分が浸透しづらいので、まずかかとの古い角質を取り除かなければなりません。

ベルベットスムースの効果を動画で★

 

月曜から夜ふかしで、レジェンド松下さんが紹介していた、5セカンズシャインのかかと削り(爪研ぎもあり)もかなりオススメです。

 

アマゾンでの最安値で購入★

楽天での最安値はこちら

・かかとの古い角質を落としましょう

入浴時や風呂上がりの、肌がやわらかくなっているタイミングでかかと専用のやすりやスクラブでかかとをこすりましょう。

ただし、角質が厚いといっても直接こするため、肌に負担がかかりますので週1回程度を目安にお手入れしてください。

 

・マッサージしながら保湿剤を塗り込みましょう

お風呂上がりにかかとの古い角質を落としたら、あまり間をおかずに保湿剤をかかとに塗り込みましょう。

おすすめは尿素配合の保湿クリームなどです。

保湿効果が高い化粧水をコットンに浸み込ませて充分かかとにパッティングしてから保湿クリームを塗りましょう。

その上へさらにワセリンなどを塗ると保護効果が高まります。

 

・おやすみ前に靴下などでかかとを保護しましょう

お風呂あがりに保湿ケアを行ったら、かかとを靴下で保護したまま寝ましょう。

翌朝までかかとが保湿されている状態を保つだけでもかなり変わります。

ただし、しっかり靴下を履いてしまうと、落ち着いて眠れない方が多いと思います。

僕もです。

かかとだけ守れるタイプの靴下や、寝る時に足が冷えないようにゆるめに作られている靴下などが探せばありますので、ぜひそちらのタイプをお試しください。

 

割れちゃったらまずこれ!(かかとの痛みを早くとる応急処置方法)

 
いくら割れないように毎日ケアをしていても、かかとには毎日体重がかかるわけですから割れるときは割れます。外出時、靴の中に違和感を覚えたりして、折をみて確認したらパックリいってることもよくあります。

一番良いのは一度足湯などでかかとをやわらかくしてから保湿ケアをしたのち、傷テープなどで患部を保護することですが、出先などでひと息つけない状況の際は、ドラッグストアに売っているサージカルテープ(医療用テープ)で患部をくっつけるように抑え、上からワセリンを薄く塗り、畳んだガーゼでかかとを保護しましょう。

ちなみに、傷ができてしまっている時の保湿ケアですが、この状態で尿素入りクリームを使うと大変しみますので、セラミド入り保湿剤のご使用をおすすめします。

 

ワセリンの塗り方のコツ

 


かかとのひび割れの保護に大変効果を発揮するのがワセリンです。
ワセリンはほとんど油でできていて、ひび割れたかかとに油分の膜を張ってくれるのです。

ワセリンが作ってくれる油分の膜は、水分の蒸発を抑え、雑菌が傷口に入るのを防いでくれます。
 

しかし、実はワセリン自体には保湿成分が含まれていません!
 

ですので、ひび割れたからといってすぐワセリンだけ塗っても、雑菌は防いでくれますが水分は補給されないままなのであまり効果はないのです。

ワセリンに効果を発揮してもらう塗り方は、前章の通り、お風呂などで古い角質を取り、ローションなどでたっぷりかかとに水分を補給したのちにひび割れの上から薄く塗る方法です。

厚ぼったく塗っても、ワセリン自体に保湿成分や肌に有効な成分が含まれているわけではないのでたくさん塗る意味がないのです。あくまで保湿したカカトの水分を逃がさないのが、ワセリンを塗る目的なのです。

 

かかとのひび割れ・まとめ

 

いかがでしたでしょうか?

僕もひび割れの時は、ワセリンをたっぷりかかとに塗って寝ていた人間だったので、ワセリンに膜を張る以外有効な成分が含まれていないことを知った時は、愕然としました。皮膚科の先生に、子供に湿疹が出ていて受診した時に、
 

「自宅にあるワセリンを塗っておけばいいですか?」

 

と聞いてみたところ、

「ワセリンは単に油分で、外からの刺激を和らげる目的で塗っていただきたいものなので、患部にはちゃんと湿疹のお薬を塗ってくださいね。ワセリンはその後でお使いください」

と、教えていただいたんです!

道理でなかなかひび割れが治らないはずだと思いました。
僕は風呂上がりにかかとへワセリンを塗っていたのですが、その前に保湿剤などは使っていませんでしたから・・・
保湿は保湿でちゃんと行う必要があったんですね。

本記事を参考に今年は是非ひび割れる前のかかとケアをお試しくださいね!

ベルベットスムースの効果を動画で★

 

月曜から夜ふかしで、レジェンド松下さんが紹介していた、5セカンズシャインのかかと削り(爪研ぎもあり)もかなりオススメです。

 

アマゾンでの最安値で購入★

楽天での最安値はこちら

こちらもよく読まれています★

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ