首のザラザラとさよなら!艶つや習慣の効果的な塗り方とは

艶つや習慣

 

あなたのお肌の悩みは、シミですか?それともカサカサ肌ですか?

 

どれもひと通り悩んだことがあるかと思いますが、特に嫁がずっと気にしていたのが首のザラザラです。
いつものスキンケアの時に「アゴの下辺りがザラザラしてるなあ」と思っていたんだそうですが、鏡でよく見てビックリ!
小さなプツプツできていたのです!

 

 

「首のザラザラは一度できたら自然に治らない」と聞いたことがあったので、慌てて皮膚科へ。

先生の見立てでは嫁の首のザラザラはウイルス性のザラザラではなく、脂漏性角化症というザラザラ。
肌が乾燥したり、服の脱いだり着たりなどが刺激になって固くなってブツブツになったものだそうです。

 

 

ショック!

 

ウイルス性のブツブツではないということと、ブツブツの1つ1つがそれほど大きいものではないということで何の処置もしないことになり、ブツブツに良いと言われているヨクイニンという漢方薬をもらって診察終了。

「首までしっかり保湿しているうちに気にならなくなることもありますよ」などと言ってもらいましたが、それっていつだろう?一度気になったら、やっぱりすぐにでも治ってほしいですよね!首回り専用の美容液なんてないかな?そう思ってネットで調べた結果、「艶つや習慣」に辿り着きました!
というわけで、今回は首のブツブツを「艶つや習慣」でケアした時の体験談をしていきたいと思います!

今、現在首のブツブツでお悩みのあなたに是非参考にしていただきたいと思います。

 

首のザラザラに「艶つや習慣」!気になるお手入れの結果は

 

結果から言いますと、首の回り、きれいになったんです!本当に良かったです!

嫁は特に首のイボが気になって「艶つや習慣」を購入したので、「ちょっと気になるかな~?」というくらいの皆さんに比べたら必死度(?)が違うかもしれません!

 

嫁の「艶つや習慣」の使い方で首のザラザラがきれいになったということで、嫁なりに気を付けた「艶つや習慣」を使った首の周りのお手入れのコツをお話ししたいなと思います。

 

「艶つや習慣」嫁の塗り方

 

「艶つや習慣」はオールインワンジェルタイプの化粧品なので、洗顔後のお手入れはこれ1つで良い!

と公式でも紹介されています。

 
しかしアットコスメなどの口コミを読むと、「塗った後突っ張る」「これ1つだと足りない気がする」という声も!

嫁も商品が到着してすぐは、公式の通り洗顔後「艶つや習慣」だけ塗ってみましたが、スースーするというか、付け心地が軽いので保湿という面で考えると不安な感じると言っていました。

なので、嫁は「艶つや習慣」を塗ってからさらに軽いタイプの乳液を塗っていました。この辺は好みでいいと思います。

 
ちなみにナイトクリームのようなクリームだとベタベタしていたそう。

 

艶つや習慣を塗るタイミングについて

顔のスキンケアとして「艶つや習慣」を使う場合、もちろん洗顔後になりますが、嫁の場合首に使いたかったので、お風呂から洗ってタオルドライしてすぐに塗っていました。
浸み込む感じがしましたよ!冬など乾燥している時期だと、すぐに首が乾いた感じになってしまったので、乳液で仕上げる前にもう1度塗っていたそうです。

重ねづけですね!

 

週末はバスタイムに「艶つや習慣」パックを

週末や時間がある日のバスタイムにお勧めなのが、「艶つや習慣」をたっぷり使ってパックすることです。
気になる部分に「艶つや習慣」をたっぷり塗ったまま、お風呂に入りましょう!

10分ほどしたら洗い流してください。もちろんお風呂上がりにも「艶つや習慣」です★

 

裏技かも?蒸しタオルでパックしてから「艶つや習慣」

顔に「艶つや習慣」を使いたい場合は洗顔後ですが、首に使いたい場合、最適なタイミングは「お風呂であったまって首の回り角質が柔らかくなってから」だと思うんです。
その塗り方だと、夜はお風呂に入るので問題ありませんが、朝はそういうわけにはいきませんよね。

「朝ぐらいいいじゃない」と言われるかもしれませんが、気になるものはできるだけお手入れしたいところです!
そこで、嫁は朝のスキンケアついでに、首に蒸しタオルを巻き、顔のお手入れが終わった後タオルを外して「艶つや習慣」を塗りました!

蒸しタオルは濡らして軽くしぼったタオルを電子レンジで1分ほどチン!すればすぐですよヾ( ̄o ̄)

時間がない方は、洗顔前に熱めのお湯で濡らして絞ったタオルを巻いても大丈夫です。

皮膚科の先生に「脂漏性角化症のイボは皮膚の角質が固くなってよれたようなもの」と言われたことを思い出し、それなら角質をなるべく自分でも柔らかくしてからケアしてみよう! と思ったのでこの「艶つや習慣の前に蒸しタオルをあてる」という方法を思いつきました。  

 

朝ちょっと忙しくなりますが、お勧めです!

 

「艶つや習慣」首のザラザラに効果的な使い方・まとめ

 

首のイボに「艶つや習慣」を塗ってみよう!と始めてみて、
「一番気になるブツっとしたイボの感触がなくなってきた!」
「ザラザラしなくなってきたなあ」
「もしかしてほとんど取れたのかも!」

と、いう状態になるまでにだいたい3~4個は「艶つや習慣」のお世話になったと思います。

3個めが終わるころにはかなり気になるザラザラした感触はなくなっていたのですが、念のためもう1個使いました。

この頃には、もう朝に蒸しタオルをあてたり週末にパックをしたりという使い方はしていませんでした。

なので4個目の「艶つや習慣」はなかなか減らなくて2カ月ぐらい使っていたかもしれません。

 
年齢的にまた乾燥したり毎日の生活習慣でガサガサになるかもしれませんが、現在は「艶つや習慣」のおかげで首元を気にすることなく過ごせるようになりました。
嫁の場合、首のイボの1つ1つがそれほど大きいものではなく、とにかくザラザラが気になる程度でしたがこの状態をそのままにしておくとどんどん乾燥した角質が刺激でよれて、大きなイボになってしまうのだと思います。

 
そこまで大きいイボになってしまうと、さすがの「艶つや習慣」でも難しいかもしれません!
そうならないためにも「ちょっと首のザラザラが気になる」という段階で、「艶つや習慣」をお手入れに取り入れてみることをお勧めします。

お風呂でのケア、お勧めです!

艶つや習慣のお得な購入方法はこちら

こちらもよく読まれています★

コメント